つまらぬものを斬ってしまった

誰の琴線にも触れないであろう日常のカタルシス

真夜中の危険な誘惑に・・・

ブログの執筆は

夜中の方がはかどります

 

シン  と静まり返った

 

そんな時間帯が好きです

 

どーも、夜行性40代メスまままっこりです

 

夜・・・

夜ってなんだか神秘的

夜だけ感じる不思議な感覚がある

 

まるで魔法にでもかかったように

 

とにかく無性に・・・

 

無性に・・・

 

 

無性にインスタントラーメンが食べたい

 

 

それはもう、べらぼうに食べたい

 

夜中にインスタントラーメンが食べたいなんて

まるで狂気の沙汰としか言いようが無い

 

こんな時間に

なんて恐ろしいの・・・

 

何かに憑かれているとしか考えられない

 

どーしてもインスタントラーメンが食べたい

あー、食べたい

 

食べた~くて食べ~たくて

ふ~る~え~る

西野かなばりに食べたい

 

ほ~と~ば~し~る熱いパ~トスで

お~も~い~で~を裏切るな~ら

こ~の~そ~ら~を抱いて輝く

ラ~ァ~メ~ン~よ神話にな~れ!

残酷な天使ばりに食べたい

 

太る

体に悪い

それは分かっているの

頭では十分すぎるほど分かっているのに

 

変換されてしまう

 

我慢はストレス

空腹では寝付けない

と・・・

 

しかし

今日に限ってインスタントラーメンのストックが無い

 

 

(゚Д゚)・・・!

 

 

神よ

私を試されているのか

これが試練だと

 

それとも悪魔が嘲笑っているのか

 

わかった

もー、わかった

わかりました

 

買いに行けばいいんでしょ

 

ったく・・・

 

仕方が無いので

ズボンを履き替え

決死の思いでブラジャーをつけて

寒空の中、霧雨の中、

深夜のスーパーへ女は走った

 

近所の24時間営業のスーパーは

お客も2人ぐらいで

店員も2人ぐらいで

シンシンと冷え切っていた

 

乾麺コーナー

整然と並ぶインスタントラーメン達

今宵、熱い夜を一緒に過ごす相手は誰?

 

嗚呼、沢山ありすぎて選べない

 

ラーメンに大事なのは何?

優しい口当たり?

圧倒的包容力?

ガツンと効いたパンチ力?

伝統的な匠の技?

 

捨てがたい

どれも捨てがたいのよ

 

サッポロ一番塩」と「サッポロ一番辛味噌」と

イトメンのチャンポンメン」と「うまかっちゃん」と

チキンラーメン」を買った

 

f:id:mamamaccori:20190206022350j:plain

選ばれし屈強な戦士たち

 

 

いそいそと片手鍋に湯をわかす

 

もう、何年使っただろう片手鍋

一体、何千食のラーメンがこの鍋から生まれ

飛び立っていったのだろう

 

f:id:mamamaccori:20190206013452j:plain

ラーメン作りの名器、その名も雪平

 

 

感慨もひとしお・・・

 

湯が沸いた

 

スーパーで一つに選べなかった

ラーメン達を再び見つめる

 

そしてゆっくり目を閉じて

一番最初に私の手の中に飛び込んできた袋を掴む

 

お前だ!!

 

それは

サッポロ一番辛味噌

 

自分でも納得のチョイス

 

結局、押しの強い方がいい

女はちょっと強引なくらいがコロっといく

 

麺を入れる・・・

 

 あ、そーだ、余ってる野菜入れよう

これで栄養面もクリアでしょ

 

あ、そーだ、余ってるチクワも入れよう

ちゃんぽん風にしよう

 

あ、そーだ、玉子コレ大事

たんぱく質は美容の味方

 

謎の言い訳をブツブツ唱えながら罪悪感を鎮める

 

静まらないのは鍋の中身

 

「私めもお供させてください」

イカとエビが鍋に飛び込んだ

 

「私も連れて行ってください」

チャーシューも追いかけてきた

 

思わぬ助っ人の登場で

スープの許容範囲を超えてしまった

絶対的重量オーバー

 

仕方ないので

創味シャンタンとコチュジャンを足す

 

追いシャン追いジャンのおかげで

なんとか窮地を切り抜けて

 

完成

 

f:id:mamamaccori:20190206013557j:plain

深夜2時の危険なインスタント?ラーメン

 

とても即席とは思えぬ堂々とした風格

 

本命よりも付属のカロリーがえらいことになる

 

これもきっと夜更けの魔法

 

 嗚呼

 

どうか

 

夜中にうっかりコレ読んだ人が

同じ目に遭いますように・・・

 

(゚Д゚)ノ

 

 

 PS:どうでもいいこと書いてごめんなさい

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村